ハイドロキノン美白化粧品は安全?危険?

Presented by:ハイドロキノン美白化粧品は安全?危険?

刺激が強い?危ない?ハイドロキノン美白化粧品の真実

美白化粧品の有効成分の代表格がビタミンCとハイドロキノンです。

しかし美白化粧品は効かないというイメージがありました。

そこでハイドロキノンという成分が注目されました。非常に効果が高いとされ、一気にこの成分配合の美白化粧品が増えましたね。

ただ効果が強い分、それに比例して肌への刺激が強いと怖がっている人も多いのではないでしょうか?

実際に使っている女性が、どこのブランドを使用して、どのように感じているのか気軽に語ってくださいと持ちかけました。

各ページにて、ハイドロキノン美白化粧品使用中の女性の生の声が見れるようになっています。

美白に関心があるけどいまいち踏み込めない女性は参考にしてください。

メラニン意外の非美白要因もチェック

意外に知られていないのは、メラニン色素以外にも肌を暗く見せてしまう要因があるということです。

例えば以下のようなものがあります。

  • 糖化物質
  • くすみ
  • 毛穴の開き

などです。

この中で多いのは毛穴の開きでしょう。

日焼けしていても綺麗に見える小麦色の肌というのは、色が均一に見えるからです。でも毛穴が開いているとどうでしょうか?色にムラが出ますよね。

この毛穴の開きを無視したまま美白に勤しんでいる女性が多いようですが、正直な話、美白は即効性がないので即効性がある毛穴ケアをしたほうが肌は早く綺麗になります。

参照サイト:顔全体の毛穴ケア.net

ここでも書かれているように、毛穴の開きは乾燥が原因。美白化粧品は乾燥しやすいのが多いので、余計に毛穴を大きく見せているかもしれません。

美白化粧品が効かないのではなく、もしかすると毛穴の開きが色ムラを作って美白効果の体現を邪魔しているのかもしれませんね。

強力な美白化粧品はインナードライに注意!

美白化粧品は強力な美白作用があればあるほど肌が乾燥しやすくなります。

ハイドロキノンをメインにした美白化粧品も乾燥しやすいのが特徴。

そのため肌の乾燥を防ぐために皮脂が過剰に出てくる場合あります。いわゆるインナードライです。

インナードライは一度なるとなかなか改善しません。特にケア方法に間違いを犯している人が多いため、余計に悪化してしまい、美白どころの肌ではなくなってしまいます。

インナードライ肌のケア方法の詳細

美白作用が効果を発揮するには肌の保湿状態が必須です。これが美白化粧品が効かないという人が多い原因の一つです。

ハイドロキノンの効果をしっかりと肌に留めるには、しっかりと肌の保湿をしておくのが必須です。ひたすら美白化粧品の力に頼ろうとするとマイナス面が増えるので注意です。